色白サプリが美白に効果的!?美肌を目指す人必見ランキング

色白 サプリ

色白の人が赤ら顔になりやすい理由

 

色白の肌の人で、すぐに赤ら顔になってしまうのが悩みの種だと考えている人は案外多いです。今回はどうして色白だと赤ら顔になってしまうのかについてお話をしていきましょう。色白の肌というのは敏感肌の人や肌が弱い人、肌が薄めになっている人が多い傾向があります。肌の層が薄いということは、それだけ肌内部にある毛細血管が目立ちやすくなっています。

 

そのため感情が高ぶったり、運動やお風呂に入った後などのように血液の循環が良くなっていると、顔が赤くなりやすいのです。それに肌が敏感になっているとちょっとした刺激でも炎症になったり赤くなってしまったりしやすいことも理由の一つとして挙げられます。また他の人よりも肌が白いわけですので、少し赤くなっただけでもその赤が強調されやすいという点も理由です。

 

なお色黒の人は色白の人よりも、顔が赤くなっても目立ちにくくなっています。だから日焼けをして少しでも赤ら顔を目立たないようにしようとする人もいるかもしれません。ですが色白の人の場合は、日焼けをしようと思ってもメラニンの生成量が少ないですから、日焼けによって肌を黒くしにくくなっています。日焼けをしても顔が余計に赤くなってしまって目立ってしまうということもありますので、日焼けをしないようにしましょう。

 

色白になりたくてもなかなかなれないものですし、赤ら顔だってチャームポイントの一つと言えます。ですのですぐに顔が赤くなってしまうとしても、それが色白肌を証明しているのだと割り切るようにしたり、肌に少しでも刺激を与えないようにスキンケアをしていくようにしましょう。

 

色白の人はどんな悩みがある?

 

女性から見ても男性から見ても、色白の女性というのはきれいで上品に見えやすいものです。ですが実際に色白の肌の人でも色々と悩んでいたりしているものです。今回は色白の人の悩みで多いものをご紹介していきたいと思います。

 

使用する化粧品選びで悩む
日本人の場合は黄色人種に分類されていますから、なかなか色白の人の肌と適している化粧品が国内では販売されていないことが多いです。そのため化粧品選びで苦労してしまうという人が多いのですが、このような場合は海外の化粧品も検討してみてはいかがでしょうか?

 

黒ずみが目立ちやすい
皮脂やメラニンなどによって、肘周りや膝周りが黒ずんでしまうということが多いです。周りの肌が白いため、特に黒ずみが強調されてしまって悩んでいるという人も少なくありません。どうして肘や膝の周りが黒ずんでしまいやすいのかというと、摩擦しやすいからです。ですので摩擦が生じにくい素材の衣類を着るようにしたり、保湿クリームで保護するようにするといいでしょう。

 

虫刺されが目立ちやすい
虫に刺されてしまうと赤いブツが出来てしまいますが、肌が白いとなおさら目立ちやすいです。特に体温が上昇していたり、体臭が強め、汗を大量にかいていると蚊にさされやすいと言われています。ですので体臭や汗対策などをしっかりしておくことが大切です。

 

ムダ毛が目立ちやすい
ムダ毛というのは誰しもが生えているものなのですが、色白だとちょっとした産毛ですらはっきり目立ってしまいやすいです。この他にも毛穴も色白のほうが目立ちやすいのですが、毛穴はビタミンCをしっかり摂取したり、肌を引き締めていくことで毛穴を目立たないようにしていくことが可能です。ムダ毛の処理はカミソリだとカミソリ負けをしてしまいやすく、赤く目立ちやすくなってしまいますから、自宅で処理をしたいのであれば抑毛ローションを使うといいでしょう。

 

色白や色黒の第一印象の違い

 

見た目によって、第一印象が決まることがほとんどです。容姿だけではなく、色白なのか色黒なのかによっても第一印象は異なってしまったりすることもあるのです。色黒の人は遊んでそうだという第一印象になりやすく、逆に色白の人は真面目そうな印象になる傾向があります。

 

ただし色黒だからといって必ずしもそうだというわけではなく、仕事を頑張っているという印象になったり、アクティブだという印象になることもあります。また色白の人でも細かったら健康に不安がありそうだとか、インドアだと思われてしまうことだってあるのです。

 

私自身も色白ですが、よく外に出かけなさそうだとか、引っ込み思案そうだという印象を持たれてしまったりすることもありました。色白か色黒かだけで第一印象が決まるというわけではなく、服装なども要因として加えられることもあります。色黒でチャラチャラした服装だったり、髪を染めていたりしているとチャラ男と思われてしまうことだってあるのです。

 

しかし第一印象というのは、それ以降の行動で払拭していくことが出来ます。例えば色白で暗そうだと思われてしまっていたとしても、積極的にコミュニケーションを図るようにしたり、アクティブに行動をしていくことで印象を変えていくことが出来るのです。ですから色白で第一印象があまり良くなかった場合でも、ありのままの自分を見せたりすることで、印象を正反対にしていくことは可能なのです。

 

赤面は色白のほうが目立ちやすい

 

色白の肌の場合、ちょっと顔が赤くなるだけでも結構目立ってしまうということも珍しくありません。地黒だとそこまで目立たないことが多いのですが、白い肌だと赤くなったら結構はっきりしてしまうんです。赤面症などと言った病気によって赤面してしまうこともあるのですが、熱さや緊張、体温の上昇などによって赤くなってしまうことが多いです。赤面してしまったからと言って体に悪い影響が出てしまうというわけではありません。

 

しかし顔が赤面してしまったら羞恥心を覚えてしまうという人もいるのではないでしょうか?そして顔が赤くなってしまったことで緊張したり、恥ずかしいと思ってしまって状況がさらに悪化してしまうことだってあります。プライベートであればまだしも、仕事などで緊張してしまって赤面したり、顔が赤くなってしまうのではないかと不安になってしまっていると、いっぱいいっぱいになってしまって仕事に集中することが出来なくなってしまうなんてこともあるかもしれません。

 

これ以外にもお酒を飲んだときに顔が赤くなったりすることもありますが、色白の人は目立ちやすいです。お酒を飲んでしまうと、どうしても血行が良くなりますから、顔が赤くなってしまうということも珍しくありません。顔が赤くなってしまうのは、一種の生理現象なのですから、どうしようもありませんし対策もありません。ですので顔が赤くなってしまったからと言って気にしすぎないようにしましょう。どうしても気にしすぎてしまって、精神的に悩んでしまっていると言う場合は、カウンセリングを受けたりしてみることも検討してみてはいかがでしょうか?

 

美白になるためにするべきことは?

 

漠然と色白になりたいと思っていても色白になることはありません。肌を白くしていこうと思うのであれば、ちゃんと行動をしていく必要があります。どのようにすれば色白にしていくことが出来るのかについてここでご紹介をしていきたいと思います。

 

季節に関係なく日焼け止めを塗る
夏場だけ日焼け止めを塗って紫外線対策をしている人も結構いるのですが、他の季節だって夏ほど強くはありませんが紫外線は存在しています。弱くても紫外線というのは肌にダメージを与えてしまうものです。ですので季節に関係なく外出をする時には、ちゃんと日焼け止めを塗るようにした方がいいのです。

 

日焼け止めは肌が露出している部分は特に念入りに塗るようにしてください。また晴れている時だけしか紫外線は地上に到達していないというわけではありません。曇りや雨でも紫外線は透過しますから、気候に関係なく紫外線対策をしておかなくてはならないのです。

 

美白効果が期待出来る食べ物を食べよう
食事で美白効果がある食べ物をしっかり食べるようにしましょう。例えばコーヒーを飲んでいる人は飲んでいない人と比べると、シミになりにくいと言われています。これはポリフェノールという抗酸化作用が含まれていることが理由です。この他にも果物であるバナナにもたくさん抗酸化作用がある成分が含まれています。

 

バナナの場合は抗酸化成分だけではなく、多くの食物繊維も含まれています。ですので便秘気味になっている人も積極的に摂取しましょう。便秘を解消させることが出来れば、老廃物も排出しやすくなりますので、美白を目指しやすくすることが可能です。

 

美白美容液でスキンケアをする
最近は美白美容液も多く販売されるようになりました。その中でも、アルブチンやビタミンCなどといった美容成分を配合しているものを選ぶといいでしょう。肌の外から浸透させていくことで、肌の老化を防ぎやすくしたり代謝を高めてくれる働きが期待出来ます。

 

サプリもあります 色白になるサプリはこちら

 

色白なら下地だけでも十分?どんなメイクがいい?

 

色白だと、体が弱そうだという印象になってしまうことも珍しくありません。それに、くすみやシワ、ニキビ、クマなども周りの肌が白いため目立つ傾向があります。色白というのは、多くの女性から羨ましがられますが、不健康っぽいとは思われないようにしたいですよね。

 

病的に思われてしまうことが多いのであれば、メイクをするときに下地に意識をしてみてください。白いというか青白い肌になってしまっているのであれば、下地はピンクにしておくことで血色が良い顔色だというイメージになりやすくしていくことができます。

 

メイクをしていてついつい厚化粧になってしまうという人もいるかもしれませんが、色白の場合は薄化粧でも十分です。むしろ下地だけでもOKだという方もいます。せっかく透明感がある肌なのですから、ファンデーションを塗ってしまうと、その持ち味が失われてしまうことになるかもしれません。それにファンデーションだと、白っぽくなりすぎてしまって、逆にイメージが悪くなってしまいやすくなってしまうことだってあります。

 

下地をするときには、透明ジェルもいいですね。透明ジェルを下地に使うことによって、肌の透明感を増すことが出来るようになりますし、明るくきれいな肌にしていくことも可能になります。これまで病的なイメージを持たれることが多かったという方にも、透明ジェルがおすすめです。せっかく色白という羨む肌を持っているのですから、その肌をさらにきれいに見せられるようなメイクをしていくようにしましょう。